これはブログだ…と思いたい。

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラマン80を全話観た。

<<   作成日時 : 2015/09/08 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 どうして観たのかと言うと。
 わたしが好きで聴いている「伊集院光の深夜の馬鹿力」というラジオ番組があるのですが、
 その中で伊集院さんが「一番好きなウルトラ怪獣は、80に出て来た子供のハーモニカが巨大化した怪獣」と言っていたのがずっと気になっていたからなんです。

 ファンの間では昭和ウルトラマンにとどめを刺した終焉の作品としてあまり評価の高くない80。
 わたしも数話観たことはあるのですが、初代マンが好きな身からするといろいろと薄まってしまっていて良い印象はなかったんです。

 しかし、伊集院さんの言っていた「ハーモニカが巨大化した怪獣」というのを一目見たくて、一話から見始めたのです。

 結果としてわかった事がふたつ。
 ひとつ、「子供のハーモニカが巨大化した怪獣」は80の怪獣ではなく、ファイヤーマンという他の特撮番組に登場した怪獣であるということ。

 そして、もうひとつ。
 80は意外と楽しみどころもあるという所。
 B級映画を観る楽しみとでも言えばよいのでしょうか?

 ウルトラシリーズの人気が落ちてきて、予算もない中でなんとかシリーズを存続させるために頑張って作った。
 だけど、その後シリーズが続かなかった80。

 そうゆう制作サイドの苦悩を込みで見ていくといろいろな気付きがあって面白いんですよね。

 シリーズ初期は「ウルトラマン先生」として中学校の先生と、UGM(怪獣を倒すための組織)とウルトラマンという3つの役割に一生懸命立ち向かっていく若者の姿が見所なんですが…

 3つ役割が上手く噛み合わないんですよね。
 先生をやりながらUGMの隊員をやっているので、怪獣が出てスクランブルがかかってもいつも集合に遅れてしまう主人公。
 UGMの任務があるので学校にも遅刻しがちな主人公。
 UGMの隊員と生徒たちに自分がウルトラマンだとバレないように行動しなければいけない主人公。

 3つの役割がそれぞれに足を引っ張り合う苦しい展開が物語を面白く動かしてくれないんですよね。

 12話以降は先生の設定をすっぱり捨て(先生をやめる等の描写は一切なし)主人公はUGMの隊員として怪獣退治に専念する事になります。
 その後の数話はSF色の強い、割とハードな展開の話が続くのですが、
 その辺りは「ハードさ」は初代マンやセブンにはなかなかかなわず、暗く地味めな話が続いてしまいます。
 個人的にはそうゆう地味な奴が好きなので80のシリーズを通して一番好きな部分にあたるのですが…

 その後はまた子役を使ったハートフル路線な物語にシフトしたり、過去のウルトラシリーズに登場した怪獣を雑に出したりと苦しい人気取り作戦が続きます。
 サブタイトルも
 「ヘンテコリンな魚を釣ったぞ!」
 「さすが!観音様は強かった!」
 などの昨今のまとめサイトを彷彿とさせるような煽りっぽい(?)タイトルでふざけてみたり、
 OPの映像が主人公の俳優さんのイメージビデオみたいなものに差し替えになったり、
 EDが変な歌に変わってしまったり(「明日はいいことがあるはずさ〜♪」と歌う最後の部分が暗いメロディーになっている謎曲)
 しまいにはUGM隊員の中の紅一点を雑に殉職させたり…

 最終回に至っては、UGMがウルトラマンの力を借りずに怪獣を倒す感動的な回なのにサブタイが「あっ!キリンも象も氷になった!!」
(後半のサブタイはやたらとエクスクラメーションマークが多用されているのが痛々しい)
という力の抜けるタイトルでシリーズが終わってしまうのです。

 一話ずつ見ていくと辛い話が多いのですが、
 シリーズをまとめて見ていくと制作サイドの悪戦苦闘と、どうにか人気を取り戻そうと取る作戦が裏目に出て行く様が見えてきて興味深かったです。

 そして、この辛い辛いシリーズを最後まで観ることが出来たのでは主人公の矢的猛役の長谷川初範さんの力が大きいなと思うんです。
 その後も俳優として活躍されている所が見てもわかる通り、彼の演技はとても魅力的で今までのウルトラシリーズでは考えられないほどの名演技を見せています。
 特にセリフ回しが上手いなぁと感じました。
 テンポよくセリフが言える俳優というのが特撮にはなかなか出てくれないんですよね…
 周りの俳優との力の差も相まって、彼のセリフだけが際立ってよく聞こえます。

 80はスーツのアクロバットな動きなんかは見ていてすごく楽しいのですが、どうも物語との兼ね合いが上手く行かずに作品全体の面白さに結びつかないのが惜しい。
 毎週、怪獣の光線技を避けずに受けてしまう80。
 好きなんだけどなぁ…

 次は本当にハーモニカ怪獣を観るために「ファイヤーマン」を観ようと思います。
 ファイヤースティック手に持って〜♪

月別リンク

現在の閲覧者数:
ウルトラマン80を全話観た。 これはブログだ…と思いたい。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる